「隠された十字架の国日本」ケン・ジョセフ著 徳間書店

「隠された十字架の国日本」ケン・ジョセフ著 徳間書店。2000年初版。より

(こういう考え方もあるとお考えください。
反論は山田あてにはもらっても無理です。いわゆる日本ユダヤ同祖論は
明治41年佐伯博士の「太秦を論ず」から始まっています)

●秦氏一族の謎

●1549年のザビエル来訪より前、1000年以上前にキリスト教は,
日本には、はいっていた。日本には古くから
ある種のキリスト教の土台があるので、布教がしやすかったのではないか。
当時の日本人口1400万人のうち300万人程度のキリスタンがいて、1
00万人が殉教、100万人隠れキリスタンに。100万人は海外へ(49
ページ、244ページ)

●日本は多民族国家である。(93ページ)
日本人の先祖も、すべて中近東からた。中近東で離散した人類が
色色な経緯で日本へ移民してきた。それゆえ、血液型を調べると
DNA調査や、JCウイルスを調べてみると、他のアジア系に見割れないEU型の遺
伝子が見受けられる。特に東北の日本海側にEU型が多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA