■シルクロード渡来人が建国した日本。 久慈力著 現代書館

■シルクロード渡来人が建国した日本。
久慈力著 現代書館

サブタイトルにある「秦氏、藤原氏、蘇我氏は西域から来た」という
内容の本です。
●シルクロードは、植民、建国ルートである。大挙して、シルクロードの
端にある日本に来た。
シルクロードの民族が植民集団として、日本列島に文化、習慣、国家組織を持ち込んで来た。
北九州、瀬戸内海、近畿地域に上陸し、入植し、国家組織にも参入。豪族として国家権力の
一端を担う。(218ページ)

赤穂は、イスラエル占領地のアコから来た。(148ページ)
秦一族は、3世紀から赤穂坂越から広がった。
秦氏と藤原氏は、ほとんど融合している。
赤穂坂越船祭りは、海の祇園祭りである。
赤穂から、産業、文化、宗教ロードが発せれている。
大避信仰、坂越船祭り、赤穂塩、赤穂絨緞、忠臣蔵、海運、妙見信仰、などである(151ページ)

■つまり「赤穂坂越エリア」が、西域民族である秦一族の植民第1歩を記したところであり、
赤穂大避神社の意味合いは非常に大きいという内容の本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA